「ケムトレイル」に関する参考資料画像

HAARP雲と早朝散布
撮影:2008年4月5日

.1. 午前6時頃に東の空で見かけた散布。背景は薄雲HAARPだが、HAARP時によく出現するような波紋状の雲の空。
.2. 波の干渉のような形が出現している。2個所(または数カ所)から発信される電磁波が想定される。下の画像3には何カ所かに見られる。
.3 早朝6時にこの状態になっているのは、夜通しケム散布と電磁波の発信が行われていたことを物語る。
.4 薄雲とその波紋形 + 彩雲 + 一条の長いケムトレイル
.5 20080405_060941 輪郭のない太陽と彩雲
.6 20080405_061231 渦のような、また湧くような乱れが2つ並ぶ現象はよく見かける。穴があいている時もある。
.7 20080405_061238 雲が少ない部分。消えていく末期か、これから拡散するのか、この時は確認しなかった。

またはブラウザの「もどる」ボタンを押して前の画面にもどってください。


Copyrights Mamoru Yabe