ケムトレイル・資料室 Chemtrail Reference Room
JPEG Photographs


'10. 3. 5

霧、そして、雲海
Fog and the Sea of Clouds

'10. 3. 15 掲載
'10. 3. 19 写真追加

  2月終盤はケム散布が激しかった。
 24日は朝から、今までに私が経験したことのない、煙の粒子のような広範囲な濃霧 (?) が発生した。空気はひんやりしていたので、いちおう霧のようではあった。しかし、上空は晴れており、太陽が照って気温が上がっても消えなかった (右画像は当日10時20分の富士西麓)。
 濃霧というよりはむしろスモッグ (smog) あるいは「煙霧 (※)」と言う方がより正確だろう。
 「煙霧」は気象用語としては「細かい、乾いた粒子」の場合に言うらしいが、原因を工場の煤煙、粉塵、また吹き上げられた塵埃など人為的なものとするようだ。もちろんそこには、今最も有力な「ケムトレイル」は含まれていない。
 そして25日は東京でも濃霧が発生し、羽田空港で欠航があったと報じられた。私はとっさに同じ「煙霧」だと思った。その後の報告ではどうやらかなり広範囲な現象で、別の日も含めると日本の各地での出来事だったようである。どう観測したら、数日にわたって広範囲な「煙霧」が発生することになるのだろうか?
 そして、この日から、私同様、呼吸器官や皮膚を含む何らかの身体異変の生じた方がおられたはずだ。

 3月に入ると雨や曇りが続いた。
 2日は濃霧であった。この日はいわば真正の霧である。湿った地面から蒸気が立ちのぼる光景も見られた。
 車でこの濃霧の中を走るとフロントガラスに細かな水滴が付着し、ワイパーが必要だ。それは24日の白い「煙霧」とは明らかに異なる。

 ちょっとした条件の違いで霧 (雲) も様々な様相を呈するとは思うが、それとは別に、2月24日の「煙霧」と3月2日の濃霧には違いがあった。それは「臭気」である。
  2月24日の「煙霧」は、たびたび遭遇する薬品のような、何かが焦げたような異臭がした。3月2日ではそのような臭気は感じられなかった。

 さて、下に掲載する3月5日は、前日から朝方まで雨が降り続き、一時かなり強かった。久々の、大気を洗うような長く強い雨だった。早朝に雨は上がり、晴れたが、相変わらずケム散布は続けられ、大気は白みがかっていた。そして、富士宮へと南下する途中で「雲海」を見た。

1 (12:49 西富士北部)富士西麓の標高約1,000mの裾野にて富士を東に見る。雨後なのに大気が煙霧でうっすら白い。これはおもに毎日続けられる広範囲なケム散布により、大気に残留・浮遊している物質の影響によるものだろう。麓ほど白いのは、重みのある微細粒子が沈降して溜まっているためと推定される。▼地形的には南 (画面右方向) の駿河湾に向かってゆるやかに下っている。右(低い方)ほど白さを増すのが判る。
2-1  写真1の撮影地点近くで、さらに数十メートル高い位置から南の駿河湾方向を見おろす眺望。写真1の右に続く位置関係。
(12:53)写真2-1では眼下に雲海が見える。写真の左側が富士宮市、富士市、右側の山の先が静岡市、焼津市となる。
(12:54〜55)写真2-2は2-1のズームイン。写真2-3はその右側 (西側)。雲海の上部境界は標高900mあたりと思われる。富士山麓から次第に濃くなる白い煙霧現象にただならぬ異様さを感じた。
 これら写真2-1〜2-3は写真3-1〜3-2の後に撮影したもの、すなわち、雲海の下をくぐってきた後の復路のものである。私は往路で目にしたものを、雲海の中で身をもって感じ、復路の標高1,000m地点で3時間前と変わらぬ光景を確認した。

 標高600m地点はすでに雲海の中。空気は白濁し、その中を白い雲が流れるのを見上げる。
 標高500mを下った頃、大気を確認しようと車の窓を少し開けると、あの薬物のような、焦げたような臭気が飛び込んできた。

(10:37〜10:39)写真3-1は、市街地に入った標高約200mの地点、写真3-2はさらに下った標高約150mの地点である。
 富士宮市街はこの900mほどの厚みのある雲海にすっぽりと覆われている。これは逆転層といわれる現象の一つ(ケム散布が関与する逆転層)とも考えられるだろう。
 この近辺には白煙を上げる工場がいくつか見える。そして、その排煙はこの層に溶け込んでいる。

 富士市は田子の浦港のヘドロ公害問題で有名だが、富士市を含む駿河湾沿いは製紙工場が集中する地域であり (全国でトップ。阪神地区がこれに次ぐ)、その他、様々な工場も多い。広範囲なケム散布にこれらの排煙や車の排気ガス、農薬散布などが加わると、雲海をなすような、この一種の逆転層は濃厚な毒ガスと化す。おそらく東京やその近県、またその他の地域も似たり寄ったりだろう。
 人々に加害する目的で意図的に行なうケム散布が重罪であることは言うまでもない。しかし、地球汚染につながるモノの消費、それを助長する計算された経済の暴走──それらを黙認し、時にはそれを求めてきたわれわれ自身にも同質の責任があることを認めざるをえない。それは医療なども同様である。ただし、それらは気づきや学びとはなっても、つけ込まれる「弱み」とは必ずしもならないことを肝に銘じるべきだろう。

2-2
2-3
3-1
3-2
4 (14:39:06 北富士地区)
雨で大気が洗われても、激しいケム散布は止まない。この日も空爆は休みなく続けられた。
5 (14:39:14)
旅客型ジェットとしては最もよく見かける、尾翼の赤い機体。
その時はトレイルがなくても、しばらくして出すことも、よく見るとごく薄く撒いていることもある。
6 (14:40:07)
春先ののどかな日に畑で焚き火(野焼き)をして今年の耕作に備える。野菜収穫後の遺体や枯草を焼いた灰はカリウムのほかミネラル、リン酸成分、珪酸成分なども含み、きわめて優れた肥料になる。▼炎の力で植物は酸素を連れて土の中に入っていく。もちろん煙は雨を呼ぶ凝固核となり、二酸化炭素は、窒素同様、植物に必須の、いわば「気体肥料」となる。
7 (14:40:37)
ケムトレイル特有の拡散をしたケム雲。知らぬ人々は飛行機の航跡とはけっして考えないだろう。
8-1 (14:41〜14:44)
ケム散布が激しさを増す。
無散布に見えるジェット機の後に、別のジェットがトレイルを引いて連なる。
先の機体もやがてトレイルを引き、2機連なる。
8-2
8-3
8-4
9-1 (17:01:19〜17:20:36)
 夕方、空は完全に白い幕で覆われていた。すべてケム雲だろう。
 これが風に乗りながら地上に降り、大気は白濁する。気団や気流、地形の条件によっては「煙霧」の沈降・堆積、場合によっては今回のような逆転層を形成するだろう。
 富士から関東平野までは、多少の山並みがあったとしても、緩やかに下っていく地形だ。山梨から神奈川〜東京にいくほど大気の濁りが白さを増すのは当然だと思う。まして、これに加え、神奈川東部〜多摩地区は散布頻度が高く、低空散布も多いのだから、都心にかけて、いつもあの異常な白さ、大気のざらつきになっているのだろう。これは日本全国、ケム散布の行なわれる全世界でも同じだろう。

※注
 「煙霧」という言い方は、農業、廃棄物産業、家屋の消毒業などでは「煙霧機」で馴染みがあろう。
 農薬を水で薄めて撒く「噴霧器」ではなく、単独でもしくは特殊な溶剤と混ぜ、超音波や電磁波、熱などによってきわめて微細なミストや煙にして、薬物の濃度が高いまま (=毒性が強いまま) 散布する機器である。この技術としては、もともとドイツの毒ガス兵器を応用したという農業機器を私は知っている。また、近年では家庭電化製品レベルでも出回っていくらいで、簡易なものは私も持っている。
 濃い毒をミストや煙にして少量使用し、空気で希釈するというコンセプトである。ビニールハウスなどでは、濃い毒としての煙が長時間滞留してすみずみまで行き渡り、効果が高いという。近年、導入ケースが多い。
 煙霧機の場合、煙にする場合は数百度の熱に瞬間触れさせるのが特徴だが、近年は、低温 (常温) 煙霧機といって、高周波で煙のようなミストをつくることもできる。
 別の分野では、加湿器やミスト機も同様な仕組みのものがある。水が細かいミストや水分子になって放出されるのだから、煙霧機のイメージも持ちやすいはずだ。
 これらは軍事技術の応用である傾向が強いと思われる。そして、これらの農機具は、愚かなことに、いつでも武器にもなる。元来、農事にこのようなものはまったく必要ないにもかかわらず……。
 近年のものとしては、狂牛病の牛の頭も分子レベルまで分解できる装置もあるようだ。この類いの装置では、毒物でも放射性物質でも、何でもかんでも、ナノレベル、分子レベルにまで分解し、空中放出が可能になるらしい。米国製のこの装置は今から4、5年前、ある業界から国に使用認可の申請が出されているはずだが、その後どうなったか詳細はわからない。
 これらの類いの技術が航空機に導入され、ケム散布として応用されているというのはあまりにも理解しやすい。ケム散布としてのジェットエンジンの熱や構造の在り方は「煙霧機」に似ている。そして一方では「煙霧」という気象用語に惑わされている場合でもなかろう。

 想念は現実をつくる……これは現実レベルで真実である。
 ケムトレイルに対しては、私は、大気の害が少しでも減じるように想念を送る。そして、同じ思いを抱く人々の心とも響いてくださいと祈る。
 そのような想念は現実を変える。また、そうしなければ、人々や地球自身の身体への影響があまりにもひどすぎる。
 頼る心は何も生まない。気づいた人々の、あらゆる怖れと憎しみから解き放たれた勇気ある意志、天意に直結しようとする切なる想いが、ものごとの始まりとなるだろう。
 究極の答えは、常に自分の中にある。

9-2
9-3
9-4
9-5
9-6
9-7
9-8
9-9
9-10
10-1 '10.3.13 12:40
3/19 追加。写真2-1、2-2の後日。この日、ケム散布あり。高高度の長いトレイルが多い。
11日までに積雪。今年一番か。
雲は低く、5日よりは多少、大気の透明度が高いというものの、上空から粉が落ちてくるような感じで、白く濁っている。
10-2
直前ページに戻るには、ブラウザの「戻る」ボタンを押してください。
Chemtrail HOME
Copyrights Mamoru Yabe. All rights reserved.