SITEJ3.NET

人体生理

血液を調べる (1)

腕の発疹部位−モルゲロン症候群−
"この血液成分は?"

Observing Blood (1) ... An Exanthem on the Arm - As Morgellons Syndrome -
"What are those blood constituents?"

corpuscle080419-1.mov モルゲロン特有のフィラメント (繊維) が確認される腕部の発疹部分から、あまり痛みもなく痂皮がとれ、血がにじむ。これをプレパラートに直接採取し、顕微鏡で観た。
自分の、生き物の血液を、そして、それらがまさに生きているのを初めてじかに観た。
03:22.90


ビデオ再生のために...
ビデオを再生するにはApple社の QuickTime がコンピュータにインストールされている必要があります。QuickTime コンポーネントはどなたでも無償で最新版を入手できます。
QuickTime 最新版入手先 >> 無償ダウンロード(Windows版/Mac版)

モルゲロン病というものを我が身から知るようになってから、にわかに自分の血液を知りたくなり、調べ始めたのが、ちょうど2年前である。
痂皮(かさぶた)や、耳垢、目ヤニ、その他、身体のあらゆるところから繊維を確認するのがモルゲロン症候群の1つの大事な判断要素である。
当然、血液からも何かが見つかるのではないかと想像するようになる。
そのような動機で始めたことながら、私は、結果として血液や生体そのものの真実に導かれるようになった。それらは生命の全貌ではけっしてありえないが、知らなかった真実やものの本質に直結していく幾多もの現象であり、それはまた、歪められてきた科学の過ちに光を当てるものでもある。

いくつかの結論 (確認)、あるいは、限りなく確信に近い直感 (仮説的なものを含む) を私は得た。

  • 血液は赤血球という精妙な微生物の生きる場である。
  • 赤血球は我々が現在認識しえない、計り知れない能力を持っている。
  • 血液(赤血球)は私たちの体内にあって私たちの肉体(細胞)と精神に直結し、かつ、宇宙創造主(神)の意志に直結している。
  • 最も基本的な点で、血液に関する歪められた知識により、我々はどうしようもない誤解に導かれ、真実認識を妨げられてきた。そのことによって、重要な一線を越えにくくされている。

どのように真実、核心に到達していくかは、観る者の感性にゆだねられるものであろうとは思うが、ともかく私は、私自身が捉えたものを、少しずつ形にしていくことしかできない。
それらは「一つ」ずつであって「全体」ではない。また、完全な全体であることは神以外にできようはずもないが、「一つ」であることによって「完全」であることはありえるし、核心に通ずることを識ることもまた可能である。

五感を駆使して眼前の事象に何を観るか、その結果として五感を包括するいわば統合感性で、どのような微かなシグナルを捉えるかは、ケムトレイルにも似たものがある。その向かうところのベクトルが逆のものであるかどうかは別としても。

私は今の医学の知識や医療界に抗い、攻撃するためにこれらの資料を公開する意図は毫もない。しかし、たとえ一つでもそこに真実を照らすものがあるとしたら、光がもたらす力を私は歓んで受け入れようと思う。

これから私が順に公開していくものが、懐疑や戸惑いの種となるのではなく、迷いの払拭であるように導かれていくことを心から想う。

'10/4/17 Mamoru Yabe

<もどる
Copyrights Mamoru Yabe. All rights reserved.