ケムトレイル・資料室 Chemtrail Reference Room
近況 Recent CHEMSKY
TOP '09 '10.1-3 '10.4-5 '11.10-12 '12 '13.1 '13.2 '13.3 '13.4

2013


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

4月

4. 1 (月) 

今日も曇りがち。そのわりには、このところまとまった雨がない。
1 早朝の西。雲間から日が挿す。
2 北の空で散布を確認。7:9
北富士

[PAGE TOP]


4. 2 (火) 

終日、雨。富士も空も見えない。
ジェット機の音はよく聞こえる。

[PAGE TOP]


4. 3 (水) 

昨日からの雨が降り続き、強雨も。午後には止む。
その後、強風、または、突風。このところかなり鋭く強い風がよく吹く。これまでにない現象のようで、電磁波操作かもしれない。その人為も含めて、諸現象が激化していくだろう。諸現象とは、すなわち、物的にも心的にも無形の現象も含む。
1 夕方5時過ぎ。雨後の富士。
2 1の西。
3-1 東→西のケムトレイル。
3-2はその4分後。拡散し、周囲の巻雲〜巻層雲(これもケムトレイルの拡散雲)になじんでいく。
今や高層雲(巻雲、巻積雲、巻層雲)は、圧倒的にケムトレイルの進んだ雲か、影響を受けた雲である。
3-2
4 西から晴れ間が。
5 富士の中腹〜山頂は、また、不思議な雲に包まれている。
6 富士の北部に浮かぶ積雲。この地域独特の雲は富士のエネルギーを受けている。
巨大な広範囲の雨雲とともに、何ものかがいっしょに通り過ぎていったようである。
月は見えない。
──下弦の月

北富士

[PAGE TOP]


4. 4 (木) 

早朝から散布。夕方まで続いた。
1 昨日が下弦の月。(7:28)
2 東→西(左)へのロング。
3 すでに拡散し、いわし雲(巻積雲)となった。
4 クロスするケムトレイルの拡散雲。
5 富士の上に見えるケムトレイル。拡散しきって薄い巻層雲になったものも見られる。
6 富士と月とケムトレイル。
7 散布中のジェット機と、月と、いわし雲になった拡散ケムトレイル。(7:32)
夕方は何機もロング・トレイルを残し、空を白くした。しかし、当地では雲としては発達しない。

これらケムトレイルを認識できない方は、積み重なるマインドコントロールにより「心」の感知能力が完全でない。したがって、本来の人間としての他の感知能力──五感と感情──も正しく機能しないままとなってしまう。
しかし、その完全ではない心の感知機能は、どのようなことがあっても、他者から非難も攻撃もされてはならず、「愛」で解かれ、開かれなければならない。

ケムトレイルを認識しているのにケムトレイルでないと主張する方は、人をマインドコントロールしようとする側の方々である。高い能力をお持ちの方々も多いのに、自己矛盾を認められないほどに自己暗示を解くことができない。なぜなら、「真」に触れ「真」を語ると、自らを武装している虚偽の世界が一瞬にして崩れ去るからである。

北富士

[PAGE TOP]


4. 5 (金) 

散布が多い。
1 朝、7時29分、ほぼ南中の月。(南中は7.28)
2 幾本ものトレイルが拡散しきって、空も大気も白くにごっている。夕方の富士も白くかすむ。
(18:8)
3 西。高層雲は拡散痕に由来するものが大半だろう。高層雲とはいうものの、むしろ雲になりきっていないことも多いが。
4 北に、新たな散布痕。18:9
5 今が盛りのスイセン。
北富士

[PAGE TOP]


4. 6 (土) 

夕方から風雨との予報。曇りがちではあったが、静かな感じもした。
春とはいうものの、気温は低い。南高北低のような気圧配置から、台風なみに巨大な低気圧の西高東低に変わり、西風から北風にかわる。当然、シベリアの寒気が強い勢いで南下する。
1 春の山菜が旬を迎えている。富士南西部は比較的暖かい。
ある農産物直売所の山独活(ウド)、筍(タケノコ)、
2 蕨(ワラビ)、
3 分葱(ワケギ)、浅葱(アサツキ)、野蒜(ノビル)──
4 浅間大社のモミジが新葉を広げはじめた。
5 あじさいの葉も展開が始まった。
夜から暴風。
爆弾低気圧とか、ゲリラ豪雨とか、なぜ、戦争用語を気象用語とミックスするのか。
その含む意義は深く、それが国家の在り方であり、国家が人類の心の内を映し出した姿であったことを、人々は否定できるだろうか。
拒絶か、和合か。
分裂か、一体か。
戦争は、破壊のみで、解決に至ることはない。
その愚かさに、過去の自分自身を去り、過去の自分自身を学ぶ──今の自分に。
無は鏡。

2013/04/12

北富士

[PAGE TOP]


4. 7 (日) 

暴風が去った日の夕刻。
1 北西の空。地に覆いかぶさる層雲。
2 南の富士。
3 暴風が去った、そのエネルギーの名残りのような山頂付近。
4 あれだけの暴風だったのに、桜の花はほとんど残ったまま。

2013/04/13

北富士

[PAGE TOP]


4. 8 (月) 

早朝、晴天。
1 7:26
2 北。
2013/04/18
北富士

[PAGE TOP]


4. 14 (日) 

散布日。夕刻、18時過ぎ。
1 西寄り。高高度の巻層雲はケム由来。
2 さらに撒き足す。北西の甲斐〜甲府方面。
3 南。
4 東に新しい散布痕。
5 数本のケムトレイルの拡散とすぐにわかる巻層雲。
6 西へ。
7 6を含めた2機。
8
2013/04/18
北富士

[PAGE TOP]



Chemtrail HOME
Copyrights Mamoru Yabe. All rights reserved.