SITEJ3.NET

'12. 7. 1 Stop! 大飯原発再稼働

今日の夜、大飯原発の再稼働のために制御棒引き抜きの作業が開始されるとになっている。残念なことに、これは、3.11——旧世界の終焉の始まりであり、新地球創造の象徴——を受けた日本が行なう、世界的、地球的に最大の愚行、そして、宇宙全体に響く地球人類の恥辱となるだろう。

原子は、同様な構造である太陽系、銀河系、そして、宇宙全体につながっている。もちろん、我々の知る原子構造とは、私達の認識の及ばない、より高度で精妙な構造体の一部として認識されているものである、と伝えられている。
それはまた同時に、同じような原子・血球・機能によって成り立っている私達の身体や、さらには大小様々な社会組織などとも、入れ子構造を含む有機的なシステムとして、つながりを有するものである。
近年ますます顕著になってきている共時性は、この宇宙的構造が整序され、地球の根源が変化しつつある現れである。すなわち、地球は今、地球自身の力や、宇宙からの何らかの力、そして、人類の「正しい」自由意志と感応し合い、整序されつつ、次元的進化の過程を歩んでいる。

今回の、大飯原発再稼働は、この重要な流れに背く、人類のあまりにも重大な過ちである。

原子の破壊は、そのエネルギーシステムとつながるあらゆる数知れぬエネルギー体、生命体、人体、家族、社会、国家などの破壊を引き起こすだろう。しかも、今回は、これまでにない深刻な一つの分岐点を意味することにもなるだろう。それは、3.11の重要な意義を継承するものとなるだろう。
かなりの規模の反対デモや、市町村の国に対する意思表明、諸活動が行なわれている。再稼働の強行は、それらを無視する非道な行ないである。
再稼働反対を主張しなかった福井県の首長をはじめ、再稼働を認めた(=推進した)大阪の若手首長、国の政を預かる立場の者たち、それらの人々によってシナリオ通りに導かれた再稼働に至るまでの一連のプロセス──そのすべては、紛れもなく、深刻な悪いカルマとして歴史に刻み付けられた。
彼らは、原子の破壊が再開された時から何がしかの反動を、そのカルマの解消のために受けるだろう。さらに多くの人々がその影響を受けていくだろう。場合によっては苦悩となって。

2012. 7. 1
14: 19


Copyrights Mamoru Yabe All rights reserved.